労働者とは?

 農業・商業、自営業者等は、多かれ少なかれ自分の農機具や土地、あるいは店舗などを持って(所有して)働き、その所得で生活していますが、労働者は「土地や建物等(=生産手段)を持たず、労働力(=労働能力)を時間で売って賃金を得て生活している」人のことをいいます。
 「労働者といわれることに抵抗を感じる」人であっても、客観的な事実によって「労働者」であるかどうかは決まります。
 現在、日本の労働者の数は絶対多数です(2012年の総労働力人口は6,340万人:総務省労働力調査)。従って、雇用者(資本家・理事者・経営者・使用者等)が不在になっても労働者が働けば社会は動きます。歴史は労働者が動かしているのです。

賃金とは?

 賃金は労働者の働いた時間や稼いだ結果支払われる形をとっているため、一見労働に対する報酬のようにみえます。
 しかし、労働者が生きていくためには、今日の疲れをいやし栄養のある食べ物をとり、明日また働く力を作ることが必要です。これを労働力の再生産といいます。労働力の再生産のためには、衣食住などの生活手段を消費し、労働で疲れた身体を回復する環境や、結婚して次の世代に命をつなぎ、子供達を育て教育を受けさせることも必要です。そのための費用が労働力の再生産費であり、賃金ということになります。ですから、再生産費には労働者本人の生活費だけでなく、家族の生活費もふくまれます。
 賃金がもし、労働の報酬ならば、労働者の生活不安が常態化し、病人や老人・子どもなど働けない人の生活はなりたたず、労働者は「一代かぎり」で滅びてしまうでしょう。
 それは企業の側にとっても重大な問題です。労働者が滅びては、資本家は労働力を手に入れることができないからです。
 このように、賃金は、一見すると労働の報酬のようにみえますが、そうではなく、労働者が資本家に売る労働力の代金・価格のことであり、それは、労働者の生計費を基礎に決まるのです。
 この規定は国連の機関であるILO(国際労働機構)が定め、世界各国が共通した認識に立っています。

企業内組合と個人加盟組合との違いは?

 日本では労働組合というと、ある会社の従業員だけ、それも正社員だけの労働組合が頭にうかぶかもしれません。日本には、このようないわゆる「企業内組合」が多く存在するために、労働組合というと「企業内組合」と理解する傾向が根強いのです。
 「企業内組合」という場合、形のうえで、どの上部団体にも加盟しない、企業の中だけの労働組合、という意味と、もうひとつは、「会社に従属している」労働組合という意味でも使われます。 労働者が社会的に生きている以上、「企業内組合」では、労働者側は、とても会社に対抗できませんし、同時に社会的にも無力です。だからこそ、企業の枠にとらわれない団結と組織が求められているのです。

形態とは?

①企業別労働組合:一般的に同じ企業のなかで働く人たちを対象に組織される労働組合
 日本の労働組合の場合、同じ企業内に組織される場合が多く、この組織形態は、一つの企業内の労働者が団結し、まとまった力を発揮しやすいという積極面はありますが、一方で下記に示すように弱点もあります。
企業別労働組合の弱点
・企業のなかでの交渉で、組合と会社のなれあいをうむ。労使対等になれない。
・大企業などに対抗するための産業別、地域別の闘いを困難にすることが多い。
・企業別組合の多くは自動的に組合員になるために、組合員の自覚をもっていないままということもある。
・組合員の範囲が正社員だけに限られて、往々にしてパートや下請けなどを組織せず、最も苦しんでいる仲間を組織できない。
②産業別労働組合:フランスやイタリアなどでは、企業を越えて産業別につくられている労働組合に一人ひとりが加入する。
 要求の実現には、個別企業内では決着できない問題も多くあります。そこで重要になってくるのが産業別組織の取り組みです。この取り組みでは、様々な違いを超えて産業 別統一要求を掲げて闘います。

ナショナルセンターとは?

 現在、日本には主に二つの全国労組センタ-があります。ひとつが、私たちの全労連(全国労働組合総連合)です。もうひとつが「連合」(日本労働組合総連合会)で、二つとも1989年11月に発足しました。しかし、「連合」は日本の大企業、財界、そして自民党政府が全面的にバックアップして結成されました。その意味では、「連合」は企業内組合そのものといえるでしょう。

(1) 全国労働組合総連合:全労連
 ①組合員数:136万3000人
 ②全労連は、1989年労働者・国民の利益をなによりも大切にするナショナルセンター(全国組織)とし誕生。
 ③全労連の組織の特徴は、産業別全国組合(単産)と都道府県組合(地方組織=ローカルセンター)で対等に構成されていることです。
 ④「みんなで決め、みんなでたたかう」という組合員が主人公の活動を基本に。
(2) 日本労働組合総連合:連合
  連合:694万5000人

労働組合とは?

最低賃金制とは?

全労連・全国一般労働組合東京地方本部 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-17-2 田中ビル3F 電話03-5577-4500