ファンドに対抗したアデランスグループ支部

結成のきっかけ

 2012年、かつら最大手の上場企業・アデランス社の株式を取得し経営権を得たファンド(スチールパートナーズ)は、本社などの資産売却と7会社から突然の解雇通知00人もの解雇計画を発表しました。雇用と事業の危機に、それまで労働組合がなかった職場でしたが数人がまず組合に加盟して立ち上がり、最大350人の組織を結成してファンド経営者と交渉、本社などの売却を中止させ、解雇を回避することに成功しました。しかし、400人もの希望退職者を出して職場は人手不足となり混乱する中、セクハラやパワハラが発生、組合は職場の健全な運営を求めて事件を一つ一つ解決しています。

現在の活動

 組合が結成されたと同時に不払いだった残業代を全員分支払わせることができました。また現在は公正な人事制度や再雇用者の処遇改善要求などを実現させています。北海道から九州まで様々な支店に組合員がいます。「会社に媚びへつらわないで堂々とものを言ってくれるので、頼りになる」との組合員の声が寄せられています。

CA3I0358

雇用保障を勝ち取った高山製作所分会

賃金カットを阻止した西陣労働組合

全労連・全国一般労働組合東京地方本部 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-17-2 田中ビル3F 電話03-5577-4500